SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

全日本実業団 in 石川ロード DNF

ナルケに車を出して貰ったので、車中少し寝れるかと思ったが、案の定、同乗ナカオのナビが役に立たず・・・・・・
結局1時間も寝れなかったんではないか?


現地でチームと合流して試走へ出かけるが、力が入らない、変な浮遊感・・・・・・なんとも死相しか見えてこない。


今年のパレードは、去年みたいな殺気立った位置取り合戦がなくて良かった。
でもやっぱり、ズルズルと後退。まぁいつもの事。


気付くと1-2-2の計5人の逃げが出来ている。最初の情報では40秒差。
次に差を聞いたときは2分半。チームメイトが前に上がって行くのが見えた。
さらに先頭にはナカオの姿。あぁ楽しそうにやってしまっている。
負けじと自分も動く。
オバラと前を牽くシーンがあった。湘南ベルマーレ勢に割られて、ペースが上がらない。嫌な予感。
あとで聞いたら、ベルマーレは逃げに一人送り込んでいた様。なーる。周りが見えてなさ杉。


一先ず下がって、次の展開に備える。相変わらずナカオは前で戦っていた。
4周目だろうか?どこからか、「有力チームが先頭に上がっている。そろそろ動きがあるぞ」と声が聞こえてきた。
ちょうど裏の登りに入った所で集団のスピードが緩んだ所だった。
前は見えない。脇にそれて、スルッと上がって行くと見えたのは、まさに今、先頭でアタックが始まり、集団が縦に伸び始める所だった。


4・5番手、高岡さんの後ろくらいでアタックに乗車。しかし、めちゃくちゃ速くて、しんどい。
気を抜いたら、下りですら置いていかれる。そんな中でローテ回すもんだから、ことらとしては120%以上の力を使っている。
そして来た、4km登り。入口で呆気ない幕切れ。ズルズルと後退。ペースに付いていけず、見送ってしまった。
さらに後ろからやってきた追走の追走集団にも乗れず、ここでレースは終わった。


オバラと合流。瀕死な者通し、仲良く走る。

(Photo by からたろーさん)


4km登りであの集団を見送ってしまった時点で完走すらなくなってしまっている。
あとはタイムアウトまで、せめて練習と割り切って走るだけ。
6周目の4km登り入口まで走って降ろされた。


参考までにアタックに乗った時の出力は968w。あの時点では完全に余裕がなくなり、ハイペースでの登りに全く対応出来なかった。
今後の課題はまず登れる身体造りか。




Special Thanks サポートして下さったチームメイト、応援してくださった方々