SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

オーベスト夏合宿 in 八ヶ岳(1日目) 180km

合宿地はここ。 どこに行くにも、行きは下って、帰りは登らなくてはいけない感じ。


宿〜馬籠峠〜麦草峠〜馬籠峠〜信州峠〜みずがき山荘〜塩川ダム〜クリスタルライン〜宿



スタート前。霧あり降雨あり、テンションダウンでしたが、下って行くにつれ視界良好、ピーカンとはいかないまでもかなり暖かくなってきた。
1本目の馬籠峠。まずは自然なペースアップで先行。後ろは追う気配なし。そのまま進むと前方にサイクリスト発見。近づいていくと見たことあるジャージ。(Fitteジャージ)
あっ!オガワさんだ。
オガワさんも2・3日前から野辺山で単独合宿中だったんですね。待ち伏せプレーだったみたいです。
ちょっと話してたら後続が追いついてきてリセット。すでに人数が絞られていて、登録組とマツザキさん(←すごい!)。こっから頂上まで、生殺しペース練に突入。
先頭を牽くナカオとマツに、BOSSから「脚カクカクするな」とか「ペース上げろ」とか指導が飛ぶ。
先頭がBOSSになってから、さらにペースがあがったが、すぐに頂上。そこで後続を待つ。
下って、事件が起きた。風さんがパンク×2 痛恨の大タイムロス。
そして、いよいよメインディッシュの麦草峠。R299に入って、頂上まで26kmの看板から、ペースを作るつもりで先頭を牽く・・・・・・ハズが後ろ振り返ると誰も付いてこない?無謀ですか?
出戻るのもしゃくなんで、そのまま進む。暫くしてスズキさんが追いついて来て2人で回す。といっても、こっちの方が多分辛い。スズキさん速い。
なんとか離されずに、ローテしていく。脚が軽く回るようになってきた。後ろを振り返るとナカオ・中野コンビがすぐ近くまで追走してきてるのが見えた。
このままではまずいと思い、スズキさんを切り離してペースを上げる。
順調に差を広げ、このまま逃げ切る気満々だったが、スキー場付近で脚が止まる。脚にきたというよりは・・・・・・そう
ハンガーノック。 補給食は車に忘れてきた・・・・・・そんな阿呆な。
踏ん張ることも出来ず、ついに中野さんに追いつかれ、そのままパス。喰い下がることも出来ず、残念無念。
そして追いついてきたスズキさんにPit inを恵んでもらいつつ、3番手ゴール。


下ってから、コンビニで補給タイムだったが、やはり1度陥ってしまうと回復は不可能。
すでにゴミ同然な状態で、要所要所待って貰いながら、なんとか予定の行程を完走した次第です。



↑塩川ダムに掛かる橋。道良し。天気良し。景色良し。
写真だけみると和やかライド。しかしその後ろではハンガーノックとの、壮絶な戦いがあったり、なかったり。



↑そして、宿への上り坂。もはや何も見えない。ナカオにどら焼き恵んでもらって、あと少し。宿まで、あとどのくらい?


夜は念入りにストレッチ&WGH PROでリカバリー。明日に備えるのであります。