SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

ジャパンカップ・オープンレース DNF

想定以上の大渋滞で、チームと合流出来たのはスタート20分前とギリギリ、バタバタのバタ子さん。
超特急で準備を済ませ、スタート地点まで、もがいてアップ。
出走サインでも少しゴタついたが、間に合ってほぼ最後尾からのスタート。
直後、前方で不穏な動き。何があったのか?BOSSが地面に転がっている。
待ってアシストするべきか迷ったが、脚を引っ張る予感バリバリだったので、一先ず前を目指す。
当社比200パーセント増しのアグレッシブさで序盤から前に向う。
しかし案の定、古賀志の登りは大渋滞。先頭は2・3ターン先まで行ってしまっている。
分裂が始まる前に追いつかないと何も出来ないので、かなり必死。
登り切る直然、落車で遅れたハズのBOSSがもう追いついて来てパスして行った。BOSSの後ろ姿を追って下りへ。
これには付いていかないと非常にマズい。だがそこで・・・やらかしてしまいました。自爆落車。
何が起きたのか判らない。けど、バルバの選手1人を巻き添えにしてしまった。最悪だ。申し訳ありません!
あーしかも前輪が!!すぐさまシマノカーがやって来たので、前輪を交換し、再スタート。
しかし、あとの祭り。もう集団は見えない・・・レース終了。

殆ど単独で走っていた気がするが、調子はまずまず良くって、前方に見える小集団を目標に追いついては、また次という感じで走った。
4周目でようやく、そこそこうまく回る3人になったが、鶴カントリーの登りで脚が止まってしまった。
そして次の古賀志でタイムアウト宣告。
強い選手達と戦う前に戦線離脱してしまうとは、何やってんだオレ。
もちろん最後までは残れるとは思っていないけど、他チームに対して攻撃の駒として動きたかった。




竹ひごが1本ポッキリ。1本ささくれ状態(泣)身体中傷だらけにして、ホイールもぶっ壊して、完走も出来なくて、ホントかなり高い授業料。
どうも小川ロード以降、今年は悪い流れが続いているようで、今年はもうやめ。
怪我治してから、調整し切れるとも思えないので、沖縄もやめておきます。