SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

デスクトップのオーディオ環境を考える

以前はS/PDIFでコンポに出力して鳴らしてました。音を鳴らすために機械に繋いで鳴らすのだから良い音が出ない筈がない。
ちなみにコンポはONKYO FR-N7。しかし、デスクトップで使うにはコイツは場所をとり過ぎる。
もっとコンパクトなシステムを構築するためにパワードスピーカーを物色し始めたのが半年前。
候補はONKYO DP-M1、BOSE ComputerMusicMonitor(以下M2)、Creative GW-T40-IIあたり。
しかし意外な決着がついた。チャリ部の後輩・長井から使わなくなったM2を譲ってもらう事になった。
M2は小さいサイズの割に低音がヘビーなほど利くけど、音が篭もるのでボーカルが透らない。
かなり頑張ってると思うけど、サイズの限界ですかね?



NU FORCE icon + S1 ( + ディスプレイの裏にM2)


コンパクトなプリアンプのiconと専用スピーカーS1というシステム。スピーカーだけでM2の2回り3回りほど大きい。
これまた長井が引越しするのを機に手放すのをレンタルしてテスト中。うちのオーディオ機器は基本、長井からのおさがりなのです。
コイツは高音キレイに出る。音にくもりがなくて気持ち良い。
反面低音は残念、、、iconのウーハー出力端子よりM2に繋いで補填。勿体無い使い方だけどバランスが整って良い感じ。
サブウーハー導入すればなお良いか。このシステムはサブウーハーを使うのが前提なのかな?


ライヴBD観るのが楽しくなるなー。