読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

トルクスねじ

SRM 7900 DURA ACE Version

パワーメーター本体であるスパイダーとクランクアームはトルクスねじ4本で結合されている。
ふたつの金属同士が結合されてるのだから、力が掛かれば当然軋み音が出るはずだ。 バラしてグリスアップを試みることにした。

このボルトがなかなか癖もので頭の精度がイマイチな上に係りが浅い。
1本だけ全然緩まなくて、頭を舐めてしまった。トホホ、星形がほとんど六角形、、、
外せなくなって焦ったが、別のビットとラチェットを使ってなんとか外した。無名メーカーのトルクスビットなんだけどSIGNETのレンチよりも精度高い?
以前、こんな事があろうかとスペアを買って置いたので、役に立つ時が来た。4本全て交換。
たいして高い物じゃないので、またスペア買っておこう。( ← すでに注文済み )


そしてグリスアップして組み直した結果、不快なきしみ音は完全になくなった。