読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

日曜練 108km

トレーニング

1週間ぶりのちゃんとした練習。
まだ右足首の痛みは取れてないけど、前のシューズでならほとんど痛みを感じずに走れるので、新しいシューズは当面封印。
起きれなかった ( というか起きる気がない ) ので、自走ではなく、立川まで車でBoooooN。


多摩川〜大垂水峠〜勝瀬橋〜雛鶴峠(トンネル折り返し)〜勝瀬橋〜大垂水峠〜多摩川


昨日は仕事で練習してないからフレッシュなはずなのに、頭と身体がうまくシンクロしなくてギクシャク。 
カラダの使い方忘れてる? まったく使えてる気がしない。 でもパワーメーターの数値では、いつもと変わらない。 なんだか気持ち悪い。
まー1発ガツンと追い込めば、思い出してくれるでしょー? くらいの軽いノリで大垂水。
いつも通り、ごん助から踏んでペースアップ。 キャプテンとダー山に張付かれたが、何故か競り合いがないのでペースがキツい?
そのまま、ギブして千切れてくれればラッキーくらいな気持ちで、ラスト数百メートルまでほぼ先頭固定。
しかし、こっちが参ってしまって、インナーに落とす瞬間をバキューーーンと狙い撃ちされた。 アイツ等、脚貯めてやがったな(*`へ´*) プンスカ


雛鶴ステージは、頭と身体のシンクロを高めるべく、いつも通りの事をする。
エスケープの相棒は、めずらしくキャプテン。 BOSSが少し後ろから単独追ってきているが、待たずに逃げる。
BOSSには脚を削って頂いて、それから勝負どころへ突入するという悪巧み。
合流してから、BOSSが牽くとやはりペースが違う。 ローテがキツイ! ここでキャプテンが犠牲になった。
悪巧みがあまり効いていない? くそーっ! と思ったが、峠の入り口で失速。 自分はそのままペースで登って折り返し。


復路は、ゴルフ場坂から勝負開始。 ナベさんと抜け出しに成功したが、BOSS・キャプテンが随分な人数引き連れて合流してきた。
相模湖ICから先、だんだんとペースが上がり、大垂水麓までに、また随分と人数が絞れた。 
登り口からは単独ひとり旅。 リズムで踏む、踏むことをただ楽しむ。 今日はアウターでも1枚余裕があった。







パート Time      Power     HR        Speed     
大垂水峠(4.35km、169m↑) 8m59s 347.0w 182.9bpm 29.08km/h
雛鶴パート(21.48km、543m↑) 42m47s 274.3w 174.7bpm 30.12km/h
裏大垂水峠(4.01km、181m↑) 9m52s 311.5w 180.0bpm 24.36km/h

先週・先々週のデータと見比べたら、やはり脚が回っていない。 頭と身体がシンクロしてないな。
木祖村まで、あと1週間で戻せるか?



2012 MAVIC ZXELLIUM 24.5cm → 25.0cmへ


やっぱり若干小さい、それは間違いない。 
そして、25.0cmの方が2011モデルの24.5cmを履いてるのと、ほぼ同じ感触で履ける。
若干大きい気がするのが許容範囲なのか? それはこれから使ってみて確かめる。
というわけで、某店 ( というか某グループ ) のラスト1足の在庫をとりあえず確保した次第。