読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

大町美麻ロード 1日目

オーベストは、西谷、中尾、山田、鈴木、安藤の5名がエントリー。
今回はエースナンバーを背負ってのレースでした。 ゼッケンナンバー以上の意味はありませんが。

個人タイムトライアル 37位 10分33秒(TOP差1分03秒)

最近調子が下降気味で、実はモチベーション低め。 気負いがない分、非常にリラックスしていた。
出走時間は15時過ぎと、かなり遅いので、2日目のロードレースの機材準備をしたり、ご飯食べたり、昼寝したりして過ごした。

(写真提供:信州ふぉとふぉと館)
そうしていると、ゆっくりし過ぎてしまって、出走30分前からロードレースのゴール前の急勾配を使って、慌ただしくアップを始める。
本当はじっくり低負荷から徐々に上げていきたいところだけど、時間がないので最初から高負荷で2本。そして早めにスタートに向かう。
スタートは10分押ししてたので、もう1本行けたかも。
チームメイトからのアドバイス通り、これでもかという程抑えて走り始める。
3km看板から2km看板にかけて徐々に上げていく。しかし、この1kmが非常に長く感じる。
半分過ぎたところで、1分前にスタートした前走者を視界に捉えた。目標物を得て俄然力が入るが、なかなか差が詰まらない。
ラスト500m、藻掻き切ってゴールしたいが、そんな余裕もなく、そのままゴール。

(写真提供:信州ふぉとふぉと館)
しばらく酸欠状態で気持ち悪かった。
タイムは10分33秒。 チーム内トップのキャプテンに2秒届かなかった。
写真見て今更ながら思ったけど、鼻デカいな(; ̄ェ ̄)


機材はいつものKIMERA 1KにR-SYSという、パワーライドすると失速する、自分史上最悪の組み合わせ。
雨予報もあり、実際降ったりもしたので、対パンク性能とウェット性能の高いPanaracer RaceTypeAクリンチャーを使用する為の選択。
しかし、出走時刻になると天候は回復して、考えていたリスクは殆どなくなってしまった。
今回も例に漏れず失速した(´Д` )