読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

アップグレード

TIMEのフレームお持ち込みで、それに手持ちのPioneerペダリングモニター付きのクランクをつけて欲しいとの依頼。

一世代前のPioneer ペダリングモニター。
チェーンリングボルトで共締めしたステーにオニギリが固定されているタイプです。

今回はこれをTIME IZONに付けるんですが、

予想通り、フレームに干渉してしまいました。

この世代のペダリングモニターは、ステーを共締めしてる関係でクリアランスが狭いです。
これが、チェーンステーの張り出しが大きいTIMEは干渉してしま。。。。

今までは、クランクシャフトにスペーサー挟んで、無理矢理クリアランスを確保!
なんて事をやってました。

それだと、Qファクターとかチェーンラインが変わってしまいます。
微妙にですけどね。
クリアランスも微妙にしか確保できないので、砂利が挟まったり、、、


☝︎ アップグレードキット

これを使ってオニギリの固定方法を、現行のペダリングモニターと同じにします。
1セット買うと、FC-9000用とFC-6800用がついてきます。
あとは左クランク用の薄型電池蓋ですね。

クランクアーム裏に直接固定なので、チェーンリングついてなくてもこの通り。
固定は専用の両面テープです。

アウター×インナーリングで挟む事で、さらにガッチリ固定されます。

裏面見ることはあまりないですけど、スッキリした見た目になりましたね。

チェーンリングボルトの張り出しがなくなったので、クリアランスがシッカリ確保出来ました。
めでたしめでたし。