読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIDO-WORKS

狛江・世田谷通り沿いのサイクルショップBiciclettaSHIDOのスタッフブログ

SRMパワーメーター観察

機材

ワイヤレスの7900ver.を買ってから、始めての電池切れ。
約19000km、722時間。 公称駆動時間からすると約1/2だけど、待機時間とか諸々考えたら、こんなものだろう。
何気に自分のを電池交換するのは初めて。 7900ver.をやるのも初めて。
交換ついでに少し観察してみた。


いつものようにスパイダーだけにして、裏ブタを開けてみると、、、

ただのブタになっていた、じゃない!蓋には何も付いてなかった。 これならクランクアームわざわざ外さずとも、蓋を開ける事が出来る。
ちなみに下は、1世代前のワイヤレス。

ケイデンスセンサーと出力アンテナが蓋に貼り付けてあるので、フリーにならず作業性×
切ってしまわない様に注意が必要。


電池が収まるスペースは、第1世代でビニールパッケージを剥がさないと電池が収まらないギチギチさに比べたら、現行世代はそのままでピシッと収まるくらいの余裕になった。

前から気になっていた事

現行世代のSRMは、逆回転だとパワーは疎か、ケイデンスすら計測しない。 それはどうしてなのか?
その答えがコレ。

2つ並んでる青いのがケイデンスセンサー。 この2つをどの順番でマグネットが通過するかで、正転逆転を感知してるらしい。
案外、原始的なのね。